世界に目を向ける

活躍の場を世界に目を向ける

転職をするきっかけやタイミングは人によって異なりますが、自分のスキルを高めたい、より高いステージで自分を試してみたいと思う人もいます。そのような考えを持っている場合は、日本国内に留まらず世界に目を向けて転職活動を行うと良いでしょう。企業の海外進出が加速しているので、それに伴い駐在員の数も増大しています。東南アジア各国に進出する日系企業の数はうなぎのぼりで、各国に駐在している日本人の数は増加の一途を辿っています。現地では、増え続ける日本企業のニーズに応える為、日系の人材紹介会社も多数進出しています。日本人の就職サポートも積極的に行っているので、日本国内で転職先を探すよりも良い条件の企業を見つけることができる可能性が高くなります。

東南アジアで転職をする

東南アジアの中でも特に求人が多い国は、シンガポールとインドネシアです。シンガポールでは、駐在員に向けてのサービス業界で求人が多くなっています。飲食や美容、ホテルなどのサービス業界を中心に豊富な求人があるので自分のスキルや経験に応じた就職先を見つけやすくなっています。シンガポールの人口は決して多くはありませんが、世界中から多くの観光客が集まってくる国なので積極的に外国人の雇用を行っています。人件費が安い東南アジア諸国から集まる労働者は掃除や家政婦などの仕事を行うことが一般的になっています。高い学力を保有していない人は、転職先の職種を豊富に選ぶことができないのが現実ですが、本国よりも給料と生活が高いので多くの人は満足をしています。