金融業界の検討

経験と職種によって異なる金融業界の収入の相場

金融業界で転職を実現するためには、これまでの経歴をアピールしたうえで収入アップを実現することがポイントである。そしてこれまでのキャリアを役立てつつも、様々な職種の募集に応募するべきであろう。特に証券会社での経験がある人の場合には、プライベートバンク部門への転職も魅力的であろう。プライベートバンク部門であれば、富裕層に資産運用のアドバイスができるので、証券会社で蓄積した商品知識も役立つであろう。そのために30代でも年収800万円以上が実現可能であり、十分に満足できる給与水準であろう。また銀行や証券会社の債券や株式の運用部門で働いてきた人の場合には、ファンドマネージャーの求人に応募することも可能であり、1500万円以上の条件で働けるであろう。

金融業界内での転職のこれまでの歴史

金融業界の人材が活発に転職を行うようになったのは、経済のグローバル化が進んだことがきっかけである。特に30年ほど前から個人の資産運用への関心が高まったので、投資顧問系の企業への転職が増加したのが特徴的であろう。また銀行や証券や保険のような業種間の壁も低くなったので、異業種間での人材の移動が活発化したのも大きな特徴であろう。特に金融業界は若手が才能を発揮できる分野が多いので、20代後半の人たちの転職が従来からのトレンドである。しかし営業のスキルがある人の場合には、40歳以上でも高収入の仕事を見つけることが可能である。特に即戦力として活躍可能な部課長クラスの人材の移動が活発化したのが近年の特色であろう。